忍者ブログ

月明りの下で

SilverRainのキャラクター+αによるブログです。知らない方、なりきりが苦手な方は戻ることをお勧めします。

[46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

噛み合わない歯車。

やれやれ…。
前振りに置かれる立場が確立したっぽい。
何だか今日はフランチェスカが憂鬱だね。何かあったのかな?

ある日の夜、夕食も終わり、何となくくつろぐような時間のこと。

フラン:「………あの馬鹿者…」
他全員:「………(何があったんだろう)」

さっきからフランチェスカはこんな調子。
黙り込んでは悩み、時折ぽつりと何かを呟いてはまた考えに耽る。

フラン:「あぁ、もう…こっちはこっちで…。くそ…面倒だな」
空:「あのー…フランちゃん?」
フラン:「…ん? あぁ、何か用かね、空姉様?」
空:「いえ、用という用はないんですけど…何か悩んでるのかなーって」
フラン:「いや、別に大したことではないから、気にしなくていい」
空:(そんなことを言われても…)

眠都:「結社で何かあったのかしら?」
アル:「そういえば、どこかの結社でまずいことをしたー、とか言ってた気がするよ」
眠都:「もしそれなら、悪いけど空さんじゃ手に負えないわね…」
アル:「うん、ちょっと難しいだろうね…。クーには話せないような事かもしれないし」
雪霞:「うちがきいてみましょうか?」
眠都:「ごめん、雪霞さん。それは空さん以上にやめたほうがいいと思うわ」
雪霞:「そうですか…。うちも少し気になるんですけどねぇ」
眠都:(何とかしないとまずいかもしれないわね…)

皆が相談し、何かいい手はないかと考えていると、不意にフランチェスカが立ちあがった。
そして、そのまま自分に貸してもらっている部屋へと向かっていく。

アル:「フランチェスカ…何があったんだろう」
雪霞:「やっぱりきいて…もごもご」
眠都:「はいはい、きっとそのうち話してくれるわ。フランさんは芯が強いから、大丈夫よ」

眠都に止められた雪霞。その視線の先には、フランチェスカが消えていった扉。
彼女が何を悩んでいるかはわからない。いずれ、打ち明けてくれる日が来るのだろうか。

自室の窓辺に腰掛け、夜空を見上げる。
たった一言漏らした考えのカケラ。それは…

フラン:「私にどうしろって言うのよ、馬鹿兄貴…」
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

【バトン】フラン #02 HOME 【バトン】フラン #01

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[12/08 夢洸 HIGT GO!]
[09/26 フランチェスカ]
[09/26 兄貴]
[09/25 フランチェスカ]
[09/25 兄貴]

ブログ内検索


忍者ブログ [PR]
template by repe