忍者ブログ

月明りの下で

SilverRainのキャラクター+αによるブログです。知らない方、なりきりが苦手な方は戻ることをお勧めします。

[63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

放して離れた、彼か彼女の今の場所

もう一度会いたい。
そう思えたことが、ありますか?

たった数日出逢えただけで、素敵な思いをくれた人がいました。
そこには他にも大勢の人がいて、それぞれがそれぞれ、一人一人に思いを託す。
かつて、そんな日がありました。

夏か冬か。幻灯のもとに集い、火を囲い、共に語らう。
今は、その思いこそが幻だったかのようで。

もう一度会いたい。
そう思えたことが、ありますか?

その後、思いをくれた彼か彼女とは、二度と会えませんでした。
どこにいるのかを知ることができるなら、あるいはもう一度会えるのかもしれない。
けれど、それは叶わないでしょう。

春から春を駆け、時を歩み、また別のものと出逢う。
今は、まるでそれこそが真理であるかのようで。


いずれ別れが訪れると知っていたのなら、出逢わなかったのに。
いずれ別れが訪れるのなら、出逢いたくはなかったのに。

もう同じ思いをしたくないから、私は誰かと距離をとる。
すると自然に、誰かも私から距離をとっていく。

抱いた思いは大きく重く、たとえ休めど癒されず。
歩き疲れて見上げた空は、枯れて朽ちゆく秋の色。

話して、放して、離れた誰か。
もう一度会いたくて、でも、もう二度と会えないでしょう。

なぜなら…

私は、その人の名前さえ、覚えていないのですから。


...Fine.

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ふたつのともしび。 HOME 【バトン】眠都 #04

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[12/08 夢洸 HIGT GO!]
[09/26 フランチェスカ]
[09/26 兄貴]
[09/25 フランチェスカ]
[09/25 兄貴]

ブログ内検索


忍者ブログ [PR]
template by repe