忍者ブログ

月明りの下で

SilverRainのキャラクター+αによるブログです。知らない方、なりきりが苦手な方は戻ることをお勧めします。

[32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サウンド。

月に対して、太陽があると言われる。
揺り篭で眠り、そして、光に動かされて一日が始まると。

その日、アルエットは楽器を弾く練習をしていた。
今日の楽器はヴァイオリン。いつも持ち歩いているケースからその楽器を取り出す。
弓と絃の様子を確認し、微細な変化をも聞き逃さない。

歌を歌うヴァイオリンの音色は、繊細で変化に富む。
それだけに、僅かでも妥協をすればそれは大きな変化となって、音に影響を及ぼす。

確認を終えると、静かに、しかし厳かに響き始める。
奏でられるのはエチュード。
全ての基本が込められた曲には、それだけに楽器と奏者の心がよく表れる。

キ、キィ…
乱れる音。

「…はぁ」

演奏を中断するアルエット。

「なんで、ダメなんだろ…」

ここ数日、うまく楽器が弾けない。

弾けないのはヴァイオリンだけじゃない。
手持ちの楽器は、何故か弾けない。

「わたし、どうしちゃったんだろう…」

ヴァイオリンを片付けながら、不可思議なスランプに頭を悩ませる。

数日前までは弾けたのに。
数時間前までは弾けたのに。

本当に、急に弾けなくなった。

アルエットがこの原因に気付くには、もう少し時間が必要なのかもしれない…。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

異世界への旅路。 HOME フランチェスカ・ネーヴェの自己紹介

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[12/08 夢洸 HIGT GO!]
[09/26 フランチェスカ]
[09/26 兄貴]
[09/25 フランチェスカ]
[09/25 兄貴]

ブログ内検索


忍者ブログ [PR]
template by repe