忍者ブログ

月明りの下で

SilverRainのキャラクター+αによるブログです。知らない方、なりきりが苦手な方は戻ることをお勧めします。

[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月下流麗。

ここにおいて、夜とは重要な意味をはらむ。
月が出るのも、星が輝いて見えるのも、全ては夜であるからこそ。

さら…さら…。
美しい月が浮かぶ夜。
ある夏の暑い日、雪霞は郊外の公園にいた。

直感か、或いは何処からかの知らせか。
そこに、今日、この時間に。
銀誓館学園の一員として、倒さなければならないものが出ると。

雪霞は、静かに戦闘態勢を整える。
愛用の日本刀―朧凍月。青く、透き通った刀身を持つ刀―を構えると、呼吸を整えた。

そこに現れたのは、腐敗しきった生ける屍。
仇成すにはあまりにも儚いそれに、雪霞は容赦なく斬りかかった。

きぃん、かっ、ざっ。
腐敗しているとはいえ、相応の戦闘能力はあるらしい。
雪霞はひとつ息をつくと、刀を頭上へと構えた。

「…申し訳ありませんが、あまり時間が残されていません。次で決めさせて頂きます」

その言葉を発したと思うと、刀を黒い影が覆い始めた。
影の刃を一閃すると、今まで動いていた屍は、言葉通りの屍と化す。

「終わったようですね…。さて、帰りましょうか」

雪霞は、哀れな屍に黙祷をささげると、今の自分の居場所へと帰っていく。
その手に未だ残る刃は、月の光を湛えて淡く輝いていた…。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

満月・雪霞の自己紹介 HOME 独白。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[12/08 夢洸 HIGT GO!]
[09/26 フランチェスカ]
[09/26 兄貴]
[09/25 フランチェスカ]
[09/25 兄貴]

ブログ内検索


忍者ブログ [PR]
template by repe