忍者ブログ

月明りの下で

SilverRainのキャラクター+αによるブログです。知らない方、なりきりが苦手な方は戻ることをお勧めします。

[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある日の回想。

いつの間にか現れていた、満月・雪霞。
彼女がここに来た日のことを、少し思い出してみよう。

いつものように、学校からの帰り道をのんびりと歩く眠都。
その背後から、影が忍び寄っていた。

鋭い感覚を持つ眠都は、それに気付いていた。
以前似たようなことがあったときに感じた、悪意は感じない。
特に危害を加えてくるわけでもなさそうなので、しばらくの間様子を見よう…。
そのような気楽な考えだった。

そろそろ家の近く。いい加減付いてきていないかと思い、ふと振り返ってみると…
目の前に、いた。
いつの間にこんなに近くに…。気配を読み取れていなかったのかと、あっけに取られる眠都。
そして、件の人物は、
「唯月さん!」
と、名前を呼ぶと、いきなり抱きついてきた。

眠都は何重にか驚かされたが、かろうじて、
「…あなた、誰?」
と、声を出した。

すると、今度は泣きそうな顔になってしまった。
…一体何がどうなってるんだろう。私、何かしたかな…?
本当に誰だろう。知らない。
…いや、もしかして忘れてる…?
そういえば、私は記憶をなくしてるんだっけ…。
あぁ、本当に人ってとっさのことへの対応ってできないんだ…。
などなど、幾重にもよくわからない考えが展開されていく。

そして、いきなり抱きついてきたかの人物は、
「うちです。満月・雪霞です。もしかして、覚えていませんか…?」
と、名乗ったのだった。


多分続く。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

異端と呼ばれる者の来訪。 HOME 【イベント】彼女が姫と呼ばれる理由

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[12/08 夢洸 HIGT GO!]
[09/26 フランチェスカ]
[09/26 兄貴]
[09/25 フランチェスカ]
[09/25 兄貴]

ブログ内検索


忍者ブログ [PR]
template by repe